• 田中拓馬

日本で深刻な病

先進国、とりわけ、日本で深刻な病は、やる気がない病です。これは子供、大人両方に言えますが、いずれにせよ、大きな社会問題です。子供のやる気ない病は生まれてこの方この国が豊かで平和で、何もこまらなかったからでしょう。

一方で大人の場合には、日本の将来性に皆が疑問を持っていて、この閉塞感が原因だと思います。


これに対する処方箋はみんなが考えていますが、なかなか有益な手はありませんが、一つ言えるのは、流動性の高い社会にしたらどうか、ということです。つまり貧乏だったり、金持ちだったり、色々な所を行き来できる社会、つまり落ちぶれたり、また這い上がれたりする社会なら、生きることにもっと真剣に取り組めてよいのではないかと思います。いかがでしょうか?


0回の閲覧
  • アートの台所Facebook page

© 2018 ​田中拓馬アートスクール t.takuma@joy.ocn.ne.jp ​ 048‐764-8628