• 田中拓馬

やる気がなくならないで上手くなる方法

色々教え方はあるとおもいますが、僕の場合の秘伝の上達法を書きます。


一般的にはデッサンから入って、模写をやり形態や色の組み合わせを勉強したりして、課題をこなすうちにうまくなっていきます。


ここで初心者が気を付けなければならないのは、苦手な分野で足をすくわれないことです。僕の場合には26で絵を始めたのと、体調が悪かったので、じっと対象物を見てられませんでした。つまりデッサンが苦手でした。そこで良く抽象的な絵を描いてました。そのあと何年もしてゆっくりデッサンんを磨いていきました。


つまり、あまり得意でないけど、必修科目の場合とかはやらなければなりませんが、時間をかけて取ればいいということです。あまり初めから気負いすぎたり、色々できないとだめと思ったりするより継続して、ウサギと亀ではありませんが、ゆっくりコツコツやればなんとかなるものです。









10回の閲覧
  • アートの台所Facebook page

© 2018 ​田中拓馬アートスクール t.takuma@joy.ocn.ne.jp ​ 048‐764-8628